« 9月半ば - すずめ農園廿日市 | トップページ | CHARA »

2018年9月16日 (日)

背骨のしなやかさが、あなたの年齢を決める?

名古屋千種区東山公園2番出口徒歩2分
いつからでも、そしていつまでも
やりたいことができる身体作りをサポート
マンツーマン専門のピラティススタジオ
ピラティスルームハーモニー

こんにちは。
ピラティスインストラクターの古澤麻衣子です。

今朝の名古屋は久に青空が見えました。
やっぱり青空って気持ちが良いですね

最近ハーモニーへお越しのお客様から
猛暑で中断していたウォーキングを再開しました。

というお声をチラホラ伺います。

9月も半ばにさしかかり、やっと動きやすい季節になってきましたね。

何か身体を動かすことをしたいなと思いはじめる方も多いのではないでしょうか?

さて、突然ですが

背骨は健やかですか?
と聞かれたら、あなたはどうこたえますか?

ちなみに、ピラティスメソッドを作ったジョセフピラティス氏は、ご自身の著書の中で

人の本当の年齢は生きている長さや自分がどう感じるかではなく、背骨の柔軟性の程度で決まる

と言っています。

健やかな背骨機能的にしなやかに動く背骨

とも言えますね。

正直なところ
私自身ピラティスを始めるまで姿勢や背中のお肉のことを気にしたことはあっても、背骨そのものを意識したことってありませんでした。

背骨が何本あるかも知らなかったし(;)

背骨は

頸椎首の骨7本
胸椎(胸の骨)12本
腰椎(腰の骨)5本
仙骨
尾?骨
と全部で26本あり、これらが分節的に1本1本動きます。

ピラティスのレッスンで初めてこのことを知った時、私の体感的にはそんなに細かく動いている感覚はなく。

5本くらい?という感じでした。

背骨の柔軟性は残念ながらなかったですね(;)

ピラティスさん的に言えば、今の方があきらかにに柔軟性があり年齢は若いです。
年齢が若返ったのは、やはりピラティスの影響が大!

というのも
背骨をたくさん動かすエクササイズが多いというのが、ピラティスの大きな特徴のひとつ。

屈曲(曲げる)

伸展(そらせる)

側屈(横に曲げる)

回旋(ひねる
そしてこれらの動きは背骨によって得意不得意な動きがあります。

例えば胸椎は回旋が得意。
反対に腰椎は回旋は不得意です。

ですので、ひねる動きはその役割を胸椎に担ってほしい。
でも、胸椎って肋骨がついていて、他の背骨たちに比べると構造上動きにくい。

だからといって、本来持っている役割分の動きがでないと、それを他の背骨たちが担うことになります。
本当はひねる動きが不得意な腰椎が胸椎の役割を代わりに果たそうと頑張ってしまうと、オーバーワークになり痛みの原因になることも。
チームや組織でちょっとサボり気味な人がいたら、他のメンバーにその分のしわ寄せがいくような感じ?
ですので、各背骨がそれぞれの役割に応じた動きができるということが大切になってきます。役割分動かなくても、役割以上動いてしまってもNGなのです。

実は私、6月から筋持久力や心肺機能の向上、スタミナアップのために、パーソナルトレーニングやダビンチボディボードというトレーニングを受けています。

これらのトレーニングでも背骨を動かすエクササイズはありますが、圧倒的に背骨を安定させて行うエクササイズが多いです。

他のトレーニングをしてみて、あらためてピラティスって背骨をたくさん動かすなぁ〜と感じました。

もちろんピラティスも背骨を安定させて行うエクササイズもあります。

いずれにしてもレッスン中はほぼ、背骨にフォーカスしているといっても過言ではありません。

背骨がしなやかに動くこと、背骨周りの細かな深層の筋肉はじめ背中の筋肉を鍛えることは、美姿勢や美しい動きには欠かせないポイント。

そして後姿って、自分ではしっかりと見る機会は案外少ないですが、他の人は結構見ているもの。

以前の私のように背骨へ意識を向けてこなかった場合は、今の自分の背骨の状態を把握することってなかなか難しいと思います。
背骨の状態によって必要なエクササイズも変わってきますので、はじめはプロのチカラを借りるのがより効果的です。

身体の健やかさにも美にも直結する背骨に、この秋、意識を向けてみませんか?
ピラティスルームハーモニー
体験レッスンお申込み先
スタジオHPのご予約お問合せから
お願いいたします
営業時間
月曜〜土曜9:00〜19:00
日祝最終月曜定休日
ハーモニーホームページこちらです
TEL050-3706-2947
レッスン中はお電話に出られない場合がございます
スタジオへのアクセスこちらです

« 9月半ば - すずめ農園廿日市 | トップページ | CHARA »