« 石破茂氏の総合力は - もうチョットで日曜画家 | トップページ | 懐かしい写真 »

2018年9月16日 (日)

ティロリアンハウンドの小型版

今回紹介するのは、ティロリアンハウンドの小型犬版であるドワーフティロリアンハウンドDwarfTyroleanHoundです。基本的なデータは以下の通りです。

原産国オーストリア
グループ嗅覚ハウンド
作出目的狩猟犬
別名ミニチュアティロリアンハウンドなど
大きさ小型犬
体重20以下
体高30〜39
運動量60分
手入れ週1回のブラッシングとトリミングは不必要
飼い易いさ初心者向きではない
かかり易い疾患外耳炎、皮膚疾患など

〜Historie〜

ドワーフティロリアンハウンドは、オーストリアのチロル地方原産のセントハウンドです。

ドワーフティロリアンハウンドのベースになったティロリアンハウンドは能力重視のブリーディングが行われていたために、幾つかのバリエーションがありました。
その後、犬種として固定化が行われる際に分離して別犬種としてなったのが、ドワーフティロリアンハウンドです。

ティロリアンハウンドと同じく、パックで野ウサギやキツネを狩猟するセントハウンドとして活躍しました。

現在ではかなり珍しい犬種となってしまいましたが、FCIにはティロリアンハウンドの小型犬版として公認されています。

現在でも狩猟犬として飼育されていますが、一部はコンパニオンドッグとして飼育されています。

〜Aussehen〜

外見はあまりティロリアンハウンドと変わりはなく、手入れも同じで大丈夫です。ただ、小柄で少し華奢な体型をしています。

〜CharakterundMerkmal〜

性格もほとんど変わりはなく、友好的で遊ぶ事が大好きな犬種です。また、飼い主や家族には人懐こく、従順ですが、見知らぬ人や犬に対しては警戒心を抱いて接します。

運動量はティロリアンハウンドよりも小柄ですが、狩猟犬なので1日1時間は運動させたほうがいいですね。また、ティロリアンハウンドよりも少し速く走る事ができるので、いつ走には要注意です。

外耳炎や皮膚疾患などに罹患しやすいので、耳の手入れは定期的に行い、皮膚の状態も定期的にチェックするようにしましょう。

« 石破茂氏の総合力は - もうチョットで日曜画家 | トップページ | 懐かしい写真 »

無料ブログはココログ