« 実況動画をアップしました2018年9月16日 | トップページ | な、なんじゃこりゃあ・・・ ( 釣り ) »

2018年9月16日 (日)

月例「早朝坐禅会」に参加。 - tarpin翁のスローライフ

定刻より15分も早い到着でしたが、すでに老師と参禅者1名が着座。

私も「今日は時間が長いぞ」と覚悟を決め坐に着く。
6時の梵鐘のため立ち会かられた師は、これから10分間身体を自由していてください」
で立ちあがられた。
いつものように般若心経の読経と鐘の音。

戻られた師は「検単」、各自の姿勢を直され着座、
小鐘3つはスタート。
35分間の沈黙・・・。
突然のお話し。
「今1?(チュウ)40分間の5分前です。35分間座ったことになります。
これからの5分間は、足腰が痛くつらい時間でしょう。
これは「慣れ」、なじむしか方法はありません。
「なじむことが大切です」。
同時に、「こうして坐っていることの意味は何か」、
なぜこんな事しているのかと・・・、
すでに10年以上座っている皆様は、何らなの見識、答を
持ってしかるべきです、しかし本当にそんな自覚が有りますか、
と問われた。
そして、こんな逸話、良寛さんのお話しが語られた、
年配の男性が「私も長く生き、幾多の本を読み、色々な経験を学びました」
と自負された。
すかさず、良寛さんは、「広い窓口で多くを学ぶことは意味が有り大切です」、
しかしもっと大切なことは「この知識の一つを掘り下げこれを我が物にして実行すること」
「万巻の書を読むより意味が有る」と諭され、
それが人生の答えだと。
加えて良寛さんは、「如実知自身」、
すなわち「本当の自分の真実を知ること」だと諭された。

坐禅をしている私どもは、
「如実知自身」であり、これを実行しているのです、
今の私は本当にこうした思いを一生の宝物にして生きているのか、
身体の苦痛や、雑念、それらを打ち払い「如実知自身」。
参禅者の皆さまにとっては如何ですか。
それが一人ひとりの課題です。
朝、目をさまし、息が出来る、手か動く、物が見える、耳が聞こえる、
今日も「御親の慈悲に守られ生きていることが出来ている、ありがたいことだ」
こんな思いで暮らすことも生き方の一つです、
その一つ一つをかみしめて座ることが坐禅の意味です。
と老師の言葉で語られた。
そして小鐘1つ(放禅鐘)、坐禅会の終わりです。
合唱・礼、手のひらを膝の上に置きゆっくりゆっくりと足を解く、
そしてゆっくり立ちあがる。
(「徐々として身を動かし安詳として起つべし」とある)。
禅堂「義宣寺」いつもと違う角度から紹介します。

« 実況動画をアップしました2018年9月16日 | トップページ | な、なんじゃこりゃあ・・・ ( 釣り ) »