2018年7月23日 (月)

移民

移民議論云の前に、外国人実習制度をとっとと廃止して欲しいのですよ。あれのかなりの部分は現代の奴隷搾取なので

2018年7月22日 (日)

危険な暑さ

 人っ子一人いないや。
 御伊勢塚公園に入り、見渡すと人気が無かった。
 いつものように階段を下りていくと、おっと、高齢の男女がいっぱい。 木陰で宴を開いていた。
 すぐ横のゲートボール場でゲートボールをしている高齢者の団体だ。 この暑い中元気だねなどと思いながら脇を通り過ぎた。
 実は、しっかり企てられた偶然で、3匹の犬を連れている女房の姉と甥っ子に池の傍の通りで出会う。
 息子のために女房と叔母が謀議を図っていたのだ。
 犬たちと別れて、鳩に餌をあげ、そらちゃんを探したが会えなかった。
 広場を歩いて行くと、笹が茂った木陰に誰かが横たわり、周りに数人の男女が見守っている。 しかも、その一人が電話をしている。
 ああ、ひょっとすると、この暑さで熱中症にかかってしまったのだろう。
 その現場を通り過ぎて、いなげやの駐車場に着く頃に救急車のサイレンが聞こえた。 こんな身近でも起こっている。 他人事ではないよな。
 その後、いつも通り西図書館に寄り、ちゃちゃこを確認して、石原町のもっこ館へ向かって、昼食。
 「いつもお客さんを連れて来てくれて、ありがとうございます。」と女将。
 誰かに紹介したこともないのに何のことだろうと思ったのだが、ああ、そういうことかと思い当たる。
 我々が入った時にはお客は一人もいなかったのに、我々の後から数組のお客が後を追うように次々と入って来た。
 前にも同じようなことが何度もあった。 つまり、偶然の客寄せパンダのようなことを感謝していたということか。 まあ、それは良かった。
 仕事場で猫と遊んだ後、家に帰り、息子の散髪をし、入浴させてから夕食の準備にかかる。
 今日は生イワシと生鯖の塩焼きが中心。 それにジャガイモとベーコンのピザチーズがけ。 しらすをのせた大根のサラダ梅干し添え。
 作り手の私は汗びっしょり。 作り終わった時には食欲が失せており、冷たい飲み物で少量を流し込む。 危険な状態だ。
 この危険な暑さはどうにもならないよな。
 ラジオからは大相撲名古屋場所千秋楽の熱気いっぱいの様子が流れていた。
 今日から27日の英語で歩こうの原稿を書き始めました。 
Instagram
 
 

長州藩

長州藩だから長州力という駄洒落を組み込んだ以上、ラリアットまで振り切るというのが、渾身の一発ネタとしては正しい。だが、肝心の歴史的な大きなイベント禁門の変の記憶がラリアットしかないのは、大河ドラマとしてはどうなんだ??

某派遣社員の無期雇用についてのお話労働者として

派遣会社の定期訪問
先日私の働く会社の方に、派遣会社の営業のT氏が定期訪問に来られました。いつもの定期訪問の様に、仕事の様子はどうですか、みたいなことを尋ねられるのか、あるいは私は9月末で現在の半年の契約が切れるので前回の面談では更新になる予定、その事前打診のようなこともあるかなという心づもりでいました。

実際は、その派遣会社が親会社に吸収合併になるという長い話がまずありました。そして、その合併後も待遇等は変わらないことや、ただし保険証が切り替わるので、10/1から新保険証が届くまでの間は旧保険証で代用し、手続き中であると医療機関に伝える必要がある、などいろいろ注意事項を話してくれました。

私が派遣社員になったわけ
私は32歳のとき、旦那が単身赴任になり、3歳の長男と二人暮らしをしながら派遣社員になる決意をしました。理由はちょっと夫婦関係がうまくいっていないので、収入を自分で持っていた方がいいだろうという、人生の勘?みたいなものです。ただ、長男がものすごく可愛い盛りだったこともあり、子どもを保育園に預けるのには抵抗がありました。が、この時期を逃したら一生働けないかも、という危機感があったのです。また女性関係で夫のことを悶と考えながらも家事や子育てに邁進する毎日で、かなり精神的に辛くなったりしていたので、仕事をすることで気を紛らわせてそこから逃れたい、という気持ちもありました。
ちょうど当時はマイクロソフト社のWindows95が日本で発売になった時期でした。私が新入社員で社会に出たときより、オフィスの作業環境が大きく変わりつつありました。皆が同じタイミングでWindowsについて初めて知った時期でもあったと思います。私が初派遣社員として就業した会社は、年賀状向けアプリケーションをつくるソフトウェア会社で、ビルのワンフロアの小さな会社だったのですが、かなり自由にさせてもらえる時間というのがありました。技術者の人たちが開発作業を終えるまで、日本語文字での報告書作成に進めないから、そのタイミングをPCの前でとにかく待つようにとのことでした。オフィス内にとどまっていれさえすればおしゃべりをしていたり、基本何をしていても咎められない感じでした。今のようにネットも充実していないので、PCの前にいても作業以外することがないのです。でもぼっと椅子に座っていても時間が過ぎるからもったいないので、会社からは全然OKですという了解をもらって、自主的にWordとExcelの基本の勉強を始めました。そこの作業では富士通オアシスで入力していたかもしれませんが記憶にない。

書店に山のように売っている入門書から選んで数冊を買ってきて机の上に並べ、基本操作の練習をする時間にしていました。それ以降、どこの会社に行っても事務作業にはWord、Excelは欠かせないようになったから、この時、偶然そういう就業先に出会えたというのは自分にとってはとてもラッキーだったと思います。誰からも教わったことはなく、基本はこの時自力で覚えただけだけど、今の今まで仕事中、officeの操作で大きく知らなかったことが無いで済んでいるのは、本当にラッキーです。
それから長いところで8年勤めた会社も含めて、合計3社くらいの経験を経て、今の会社は派遣先4社目です。編集の仕事ではそんなに高度なWord、Excelの知識が要らないので、自学レベルで済んでしまっているのかもしれません。

無期雇用の提案を受ける
派遣会社の営業のT氏は、ひととおり合併の話を終え、私が書類にサインをした後、それとは別のことで、と前置きして、今9月末までになっているが、その後1年で計3年になるのでその先は延長が出来ないが、それを回避するにはどうしたらよいかということを今の会社の方から相談を受けたこと、そしてその手段として私を派遣元の会社で無期雇用として採用すれば、3年を超えても働き続けることができることを提案したということでした。会社もそれを了承し、長く仕事を続けて欲しいということでした。

私はSくんに仙台でうつされた質の悪い夏風邪が木曜日から急速に悪化していて、この日は早退をさせていただいたのですが、面談の時間も体調が悪く、あまり良い表情ではお答えできないのもあるし、何となく流れで保留にしてしまいました。T氏はまた来月伺うということで、帰られました。

実は今、迷っています。でもこれはある意味ポーズでしかない。選ぶしかない。もし自分が40代前半くらいまでであれば、先にまだほかの会社での、もっと向いた職場もあるかもしれないという希望も持てたりしますが、私は今53歳です。定年までの6年余り、その間ずっと今の給与レェルを保ったまま希望の仕事がやり続けられるとは限らないです。むしろ給与は今より下がる可能性の方が高いです。このお話は、受けた方が自分のためだ、とはっきり言えます。でも、最後の抵抗として答えなかった、までです。
ちなみに無期雇用の採用をしていただいても、今の会社で働き続けてもほかの会社でも自由です、というようなことも言っていただきました。でもおそらく今の会社の希望ということの流れなので、そこから始まった話であれば、更新時に毎回今の会社で働きなさいなということになるのではないかと想像してしまいます。
ただ、今の会社や待遇に大きく不満があるわけではないので、続けていく無期雇用という選択をせざるを得ないでしょう。私にとっては、クビになるということがなくなるわけだし、むしろメリットがあるはずなのに、なぜか自由が取られるという感覚があり、まだお返事はしていませんが、そういう方向になると思います。歳には勝てない〜ということかな。

無期という言葉が好きではないけど、有期期限アリの反対語で無期なのでしょうね。お役所言葉ってセンスないなあと思います。どうでもいいけど。。だって60歳までならやっぱり無期じゃないよね???屁理屈

派遣社員の無期雇用について

ある日の社食の定食メニュー

北照

改めて北照甲子園おめでとう南北海道代表として正堂戦ってきてください。

今日の結果

中京   9レース    渥美特別   2200m
               ブロウユアマインド   12着
好スタートから果敢にハナをきり5馬身離して快調に飛ばすも4コーナーで後続馬に一気に来られ直線半ばで足が上がる。タラレバになるがもう少しためられたら違った結果になったかも。
福島   12レース    500万    1200m
                サンタナブルー    4着
スタートから無理せず後方からの競馬。最終コーナーから外に持ち出し追い込むも4着。得意でない距離を使ってきたがやっと何とか恰好の付く内容。追えるジョキーに乗りい変わったのも良かった。次走は得意の左周りの新潟コースと1400mか1600mでの競馬が楽しみ。

2018年7月21日 (土)

夏だ!カレーだっ!

どうもアクティブ系引きこもりのヤワタです。

夏だからなのかなんなのか
わかりませんが最近毎日カレーが
食べたくて食べたくて
たまりません()
作るの面倒だしいろんなバリエーション楽しみたいしってことで
いろんなレトルト買い置き中。
今日のランチはこれを食べました
東京神田カリーライス専門店エチオピアビーフカリー1人前(200g)390円
Amazon
甘みがあってまろやかだけど
かなりスパイシーで辛みも強めで
おいしかったです
あと最近食べてテンションあがったのがこれ
大塚食品ボンカレー50200g213円
Amazon
メチャクチャ懐かしい味!
最近ではあまり見かけない色味というかなんというか
ホント
昔よく食べてた感じのカレー。
ザ昭和カレー!
このレトロなパッケージもいいですよね()
最近のレトルトカレーって
具もしっかり大きいし
味もおいしいし何より手軽で
言うことなし!
最近
カレールウより
レトルトカレーのほうが売れてる
っていうのもわかる気がします。
この前もスーパーで
レトルトカレー物色してたら
親子連れが自分の食べたい
レトルトカレーをそれぞれ選んでるのを見かけました。
自分の好みの辛さのものが食べられるしいいですよね。
しかも最近カレーを1日置いたら食中毒がどうじゃこうじゃ
(さてはわかってないなお主)とか騒がれたりしてるし
そういう点から見ても
レトルトカレー最高!
(決して
作りたくないだけじゃないですよ。
ジャガイモの皮剥くの
面倒くさいわけじゃないですよ
べつに)
皆さんの
お気に入りのレトルトカレーあったら教えてください!
私最近ホント
カレーばっか食べてるんで。
ちなみにここ数日で
食べたカレーたち
中村屋インドカリー濃厚ビーフ200g5個1350円
Amazon

新宿中村屋インドカリーベジタブル210g5個1782円
Amazon
あぐー豚ポークカレー180g1人前1個324円
Amazon
ゴーヤーカレー1人分180g350円
Amazon
富士屋ホテル伝統のビーフカレー810円
Amazon

富士屋ホテル伝統のチキンカレー810円
Amazon

昔2か月毎日ランチにカレーを

食べ続け蕁麻疹が出た経験があるのでほどほどに気を付けて
食べまくろうと思います。
(さては懲りてないな)
お知らせ各種いろいろ
しるし書店始めました
こちらから

細とLINEもやってます。
登録はこちら

イベント等の募集は
こちらからしますっ!

動くよ!かわいいよ

神宮球場

スタジアムDJはパトさんが1番やと思ってますビジター球団ファンの皆様ようこそ!神宮球場へ!って言うてるときのパトさんめっちゃ好き

NHK高校野球 初のテーマソングは福山雅治「甲子園」の歌詞は? - 自称天然ちゃんこのひとりごと


夏バテ予防に肉ランチ食べた
夏はやっぱり肉だよね
水分も大事だけどさ、水分だけじゃね
肉食べてスタミナつけよう

この猛暑はまだまだ続くってよ

地震予知情報見てると、あちこちで危ないシグナル出てるって書いてある

大阪ももう一度くるって言われてるし、
東京も電波や空の色がやばいことになってるし、
ばばちゃまのテレビも毎日音出てるし

どうしても、猛暑=地震となってしまう私の頭の中

もうすぐ甲子園が始まるね
さらに暑い夏がやってくる!
NHKが初のテーマソングを、福山雅治さんに依頼し、作詞作曲して出来たのが「甲子園」
初とは、知らなかったな
福山さんは、「100年前から続いてきた『つながり』が、100年後にも続いていってほしい」そんな願いを込めて作ったって!
甲子園でしか表現できない感動があるってコメント
うん、ほんと、これにつきる!なんで甲子園って、あんなにも感動があるんだろう

歌詞の一部なんだけど、

100年先の仲間達へ我ら謳う青春を命を謳う

さすが、かっこいい!いくになっても、おじさんになっても、かっこいいよね
福山雅治さんのレギュラー番組でオンエアするし、
今日の高校野球の地方大会でオンエアされたんだって
今後はNHKラジオのいろんな番組でオンエアされる予定
気になる人は、NHK甲子園のホームページでMVと歌詞が見れるよ

“山小屋の灯”

土曜日の朝。起きだして玄関を開けると静かな朝だ。夜の雨で車が水滴をかぶり、木の葉が静かに揺れている。沖縄に接近すと警戒していた台風10号はサヨウナラして去っていった。
台所のテーブルに座って、ホットコーヒーを入れ、レンーズパンを食べながらFMラジオを聞いた。毎日、サバイバル競争のように生きていると、休みの日は砂漠のなかのオアシスで星空を仰ぐように心が和む。
その時、近江敏郎さんの“山小屋の灯”の曲が流れてきた。高校時代によく聞いた曲である。65年も前のことだが歌詞には青春の思い出が詰まっている。山の中腹から麓の景色に見とれているようだ。
今日は左脳は休み。右脳の1日です。
<蛇足>“山小屋の灯”の歌詞です。
山小屋の灯
【作詞】米山正夫
【作曲】米山正夫
1.黄昏がれの灯は ほのかに点りて
  なつかしき山小屋は 麓の小径よ
  思い出の窓により 君をしのべば
  風は過ぎし日の 歌をばささやくよ
2.暮れゆくは白馬か 穂高はあかねよ
  樺の木のほの白き 影もうすれ行く
  さびしさに君よべど わが声むなし
  遥か谷間より こだまはかえりくる
3.山小屋の灯は 今宵もともりて
  ひとり聞くせせらぎも 静かにふけゆく
  あこがれは若き日の 夢を乗せて
  夕べ星のごと み空に群れ飛ぶよ

«すばる

無料ブログはココログ